2005年02月28日

収穫

今日は古本屋2軒、はしごしてきました。
お目当てのものは希望通り、という訳にはいきませんでしたが
まぁまぁの収穫です↓

 *輝夜姫 19〜22巻 
み、碧〜っ!!一番幸せになって欲しい子なのに…!(涙)
Lala本誌ではもう終了したんですよね
早いとこ続き読まなきゃ…!碧復活してー!

 *天才ファミリーカンパニー 9〜10巻
見つけた瞬間、即買。や…ったぁー!お母さん私やったよー!
既に絶版してるので、続き見つけるのがほんと困難なこのコミック。
これで残り11巻のみ。…ふ(いつになることやら)
しかし9巻、勝兄ちゃんと春が一緒に行動してるのが新鮮。
というか、初めてじゃなかったかなぁ、こんなに兄弟一緒にいるの。
やっぱ春に振り回されてこその勝兄だ。

 *蒼天航路 33巻
熱い…。熱いよ、夏侯淵。イイ漢の物語は、ほんと泣ける。

 *YASHA 8〜9巻
シンだー!結婚したって相手は暁ちゃんですか?
英二もこの先出てきたりするのかなぁ(超なさげ)
(小英ってまんま英二だけど、シンってば…やるな←深読み)
これもとっくに終了してるのに、8巻以降が古本屋にないのよねぇ。
下手に途中まで持ってたりするから、オクとかで出てるセットが落とせない;
(天ファミも然り)
新刊買えたらいいんだけど。資金ないよorz

試写会行くことも決まって、ローレライ読まなきゃ…って思うのに
ついつい他のものに触手が;
読み出すと、随所で茫々泣いたりする位入り込むくせになぁ。
あー!
No.6とか読み返してる私…だめだー
posted by れお at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

2005年02月26日

自己嫌悪

だめだー…
何だあのフォント。でかいっつの!
眠いのに色々触ろうとするからおかしなことになるんだな。
やっぱ時間ある時にゆっくりやろう。

う、すごいアヤシイ行動をしてしまったのかも知れない…;
あぁもう!

…寝よっと。
posted by れお at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年02月24日

ひなまつりは要チェック

昨日から、雛祭りの日に何かあったはずなのに…!
と思い出せずに悶々としてましたが、やっと思い出せました。

3月3日 23:00〜 BSマンガ夜話「鋼の錬金術師」 
忘れるなよ>自分

NHKでやるということは、アニメの話はなしかな…。
楽しみなような怖いような。
酷評されたりしないかな。ドキドキ。

自分が面白ければそれでいいと思うんですが、
鋼錬ははまり過ぎたのか色んな人の見解が聞きたくなります(笑)

って、大げさか。
気楽に観よ…。
posted by れお at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

2005年02月23日

FC「デュマ」

前回から想像してた以上にシスコンでした、デュマ様。
あれだけ冷酷無比な態度を晒しておきながら…!してやられました。
ちっこい頃激ぷりだし(そこにですか)

そしてセス=デュマ説が限りなく薄れていきます…。
デュマの回想にセスの記憶が紛れ込んでたりしないものかと
ドキドキしながら観てたんですけど、かすりもしませんでした;
ティナに妄執するのは、セス時代の記憶の刷り込みが原因だといい…!
なんてとんでもない話で。
(でもティナに戻る事を拒否られた時のデュマにちょっと片鱗を見た、とか言って見る)
んー…。

そういえば、転生装置を使わなくても他の星への転生はできるのでしょうか。
っていうか、転生自体できるんですか。
ソラン=トーマというのなら、自力で転生できた…?
アギが、セスもソランもあの時死んでしまったと言ってたので、
肉体から魂が抜けた状態で転生装置に入れても意味ないでしょうし。
セスが瀕死状態のソランを装置に入れて送った…とかなら有り得るかな。
だったらかなり泣けちゃう展開だけど…。

ほんと引っ張るというか、展開が上手いですよね。
あの場面、装置内のティナ視点でのみ見せるなんて正直ずるい(笑)
色んなパターンが想像できちゃって、夜まで眠れませんよ!


そして舞-HiME20話もちょこっと。

命、死んじゃったの…?!
蛸っぽいチャイルド、あのHIMEのシルエットは静留?
詩帆ってば、生霊とばせるの?

うーん、これもものっそ気になるよ…!
posted by れお at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

2005年02月21日

久しぶりの試写会

「ローレライ」試写会に行けることになりました。
ワーイ!試写会って行くの久しぶりです。
タダということより、一般公開に先駆けて観られるのが嬉しいです。

ってまだ小説読み終わってないケド…。
とても試写会までに終わりそうにない;

でも小説とは違った筋書になってるみたいなので、問題ないかなとは思ってるのですが。
小説版では重要なキャストであるはず(まだ上巻途中なので確信ではない;)の
フリッツが、映画には出ない事からして全く違ってそう。(オトコマエ1人減ったー!)

ま、一緒に行く友人も小説版読んでないし、真っ白な状態(私は25%グレーかも)で
観るのもいいかも知れない。

楽しみ!
posted by れお at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2005年02月20日

うーん…。

一応、毎週観てます、種デス。
観てます…が辛くなってきました、正直;
あまりにも戦闘シーン少なくないですか…。ロボットアニメなのに。
戦闘シーンが少ないからからといって、
キャラとか世界観が掘り下げられてるとかでは決してないところがまた…;
もう18話だって。贅沢な使い方してる、ってことなのかしら。お願いだから話進めてね。

シンが、どんどん受け付けなくなってきました。
ザフトは何であんな不遜な態度を許してるの…!
例によって、一般人だったのに巻き込まれちゃって、
不本意ながらも従軍してきたとかだったら判らなくもないけど、
ちゃんとアカデミーで教育を受けて、資格があるからと赤服に任命されてるはずなのに
あまりにも短絡的、あまりにも礼儀知らずでは。
指示を仰がず勝手な行動を起こしても、
上司やら来賓やらに暴言を吐いても特に処罰があるわけでなし。
ザフトって軍律ユルイのかな。
ほんとアニメのキャラにこんな腹立ててどーすんだって位、イライラする。
あー、そういえばレンタルでZ観た時もカミーユにいちいち腹立ててたな(笑)
でも、カミーユの周辺みたいに修正してくれそうな大人が
ミネルバにいないのもイライラする原因かも。
すっかり甘やかされてるものねぇ…。
アスランじゃ到底荷が重そうだし。タリア艦長が怒るのはアーサーだけだしな。

これはもう、議長あたりにバシッと!
……無理っぽいか。
posted by れお at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

2005年02月17日

FC「巡る命」

数話前のソランの子供時代の声、トーマと同じ方だったんですね。
全然気付いてなかった…!ウカツ者。
となると、トーマはやっぱりソラン、で決まりかぁ…。
主人公&ヒロインなんだし、いいんだけど(ってその方が正統派だろう)
声優でネタバレって…何だか残念無念。

そこで(?)、急遽私内で盛り上がってきた仮説。
デュマ=セス。
在り得ないかな…;
だって、ヘルガを見た時のデュマの表情、
「みすぼらしい」ってだけじゃなかったように感じたし、
ヘルガの攫い方だって腰にそっと手を回したりして
やけに優しい扱いじゃなかったかな…!

セス在命の時、既にデュマは母親のお腹に居たけど、
この世に生まれ出る時に魂って宿るんじゃ、と思ってるので。
時差については無問題では。んー如何なものか。

…やけにセスの転生に拘る私。
だって、ボタンを押してあのまま永久にさよなら、なんてセスが可哀想で…!

とにかく来週も気になっちゃう。
posted by れお at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

2005年02月16日

ちょっ…!

呪怨、怖すぎ…!
見てられないよ(>_<)

落ち着いて見られるところがないんだもん。
あんまり怖いので、ちょっと逃避しに来てしまった。

ホラー映画見るのって「仄暗い水の底から」以来かな。
わざわざ映画館まで観に行ったんだった。
超がつく怖がりの癖にな…!
でも仄暗いは、母の子を想う気持ちとかしっかり伝わってきて
怖いだけじゃなくて意外と感動したりしたんだけど
呪怨はただひたすら、怖い。
心臓バクバクしちゃう。

さぁ、もっかいトライだ。
posted by れお at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年02月14日

お風呂の友

最近入浴時間が長い。
暑い時期だとすぐのぼせるからできないけど、寒い夜にはお風呂でまったりと読書。
至福だぁ。

現在、福井晴敏氏の『終戦のローレライ』を読書中。
…なんだけど、進んでない(>_<)
あんな分厚い本、お風呂で読むべきではないのかも。
登場する人物が半端なく多いのに、その人となりを丁寧に描写してたり
(何れも主人公かと勘違いしちゃう位)
想像し難い軍関係の描写がホントに細かくて、零さず読もうとすると凄く時間がかかる。
結局、1日で読めるペースって20頁くらい?…遅!
こんな調子だと読み終える迄に映画が始まっちゃうよー。
それは困る。

頑張って今日も長風呂だー!
posted by れお at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

2005年02月10日

鋼の錬金術師 in USJ

USJの期間限定アトラクション、「鋼の錬金術師 プレミアツアー」について、
Yahooトピックスに記事が載ってた。 

ハリウッドの雰囲気が台無し…確かに。
USJ広報室曰く、
「『鋼の錬金術師』は今や世界的なキャラクターでUSJにぴったり」だそうですが
国内での知名度もそんなないのに、どこから得た知識なのかと訊いてみたい;

こんな一般トピに上げられるほど批判も続出なんだろうな…。
鋼ファンとしてはとても悲しい。
なんでUSJでやっちゃうんだろう。熱烈に誘致されたのか。
ガンダムもやってたけど、大阪だったらエキスポとかひらパー(!)とか
選択肢がいくらでもあるんじゃ。
ほんと、こんな風にマイナスな話題に上がってしまってとても残念だけど……

もちろん 行 き ま す よ
posted by れお at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

2005年02月09日

FC「誓い」

今回はティナに泣かされました。
ソランの手を包んで自分の胸に銃を押し当てた時の、ティナの表情。
何てかおするんだ…!
殺される覚悟を決めていながら、包み込むような優しい顔。
ソランじゃなくても、引き金引くなんてできないよ…。

魂の転生を行うことで、光明を見出した2人。
でも、そんなかすかな希望を誓いとして立てた途端、
深い絶望を目の当たりにすることになってしまう。
それを最期の記憶として、泣きながら地球へ転生されてしまうなんて悲しすぎる…。

何もかも思い出してしまったヘルガ。
泣き続けるヘルガに、手を差し出してやれないトーマが切なくって、
今ここで自分の前世を思い出せばいいのに、なんて思ってしまった。
もしトーマがソランの生まれ変わりなら、
ヘルガはギリシアに帰る必要がなくなるんじゃないかなぁ。
周囲の思惑は別として。って黙ってないよね。
逆にセスだったら。…どうなるんだろう?

白髪・碧眼になったヘルガは、トーマの眼にはどう映ったのかな。
(私はトキメキましたけど/笑)

そう、クックス刑事の腰振り女装は笑けたけど、存在を忘れかけてた;
生きてて良かったね(笑)でも、アリスに言った「裸になれ」は完全なるセクハラだと思。

ううー、来週も楽しみ…!でも終わりに近づいてるので寂しい…!
posted by れお at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

2005年02月08日

ドライブ向きじゃないけど(笑)

FCサントラ、amazonから届きましたv
さ、早速聴くぞvとケースを開いてみると…

「ネタバレ注意!」

…びっくりするわ。
一枚こんな↑紙が挟まってました。
歌詞カードを最後まで開くと年表が現れて、
今まで謎だった内容が理解できるようになっている…とのこと。
この年表をご覧になるかどうか、ご一考下さい??
Σえぇぇぇ! ちょっと、脅しっぽいじゃないの…!
などと怯えつつも、観ちゃいました(やっぱり)

ほほぅ。
どこまでばらしてるのかドキドキしながら観たけど、
現行回まで観てる分には殆ど大丈夫な範囲だったような。ような?
あの人に関しては、既に公式HPでネタバレてるし(笑)
私が一番気になってる事項には触れてなかったので、一安心v ←観るなよ

で、サントラ内容。
か、肝心な…セスのあのシーンで流れてた曲が入ってなかった…!
違うversionのは入ってるんだけど。ワー
OP・EDもフルじゃないのね…;;(ちゃんとケースにTV versionって書いてるし)

でも、全曲そのシーンを思い描けるような印象的な曲が多くて、買ってよかった。
監督さんが音楽にかなり力を注いでらっしゃるのがよくわかったかも。
良い音楽が聴覚から訴えてきて、それだけでも感動的な映像を決定的に盛り上げてくれるんだな。
サントラ第2段、出たら買ってしまうかもしれない。
posted by れお at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

2005年02月07日

バッテリー

あさのあつこ先生のインタビューが載ってた。

何だか勿体無くて、買ってから1週間位手をつけなかった最終巻を読んでから、
もう一月近く経つ。早いなぁ…。

野球をメインにした小説のくせに試合が少なかった、とあるけど、
私には試合のシーンが強く印象に残ってるのでちょっと意外だった。
2試合だけだっけ…?えー?
バッターと対峙した時の張り詰めるような緊張感と、
呼吸や心拍数まで伝わってきそうな表現が強烈だったせいかもしれない。
試合ないまま2巻で終了されてなくって、ホントよかった。(ホ)
シリーズが終了してしまった寂しさからまだ読み返せてないんだけど、
ひと通り読み返せたら感想でも書いとこうかな。

今後、瑞垣を主人公にした番外編を書くかもしれない、
とあさの先生はおっしゃってますが是非青波のその後も書いて頂きたいな。兄弟対決とか。
青波は巧よりもしなやかに強いと思うので。
とかいいつつ、巧を応援しちゃいそう(巧ばか)
posted by れお at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

2005年02月03日

またFC

先日のFCのセスのシーンがかなり印象に残ってます。珍しく引き摺ってるなぁ…。

そのシーンで流れてたBGMが良すぎたので、サントラを買いに行ったのに
近所のTOWER RECORDSには置いてなかったみたい。
日頃なら近づかない『キッズ・アニメ』コーナーで
目を皿にして探してみたんだけど、は行には鋼錬関係しかなかった(凹)
鋼錬も好きなんだけどね……(キャラソン聞きたい

ちゃんと店員さんに聞けば良かったカナー。
チキン野郎もいいところ。
しゃーない、ネットで買うか…。
posted by れお at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

2005年02月02日

FC「惨劇」

観ててセスが切なすぎた。
幼いティナとの回想シーンで無邪気に笑ってるセスに音楽がかぶって…。
前回までの、あっさりとティナを親友に預けたセスには正直魅力を感じなかったけど、
ティナの擁護者だという自負と左腕までをも失くしてしまったセスの深い絶望が
どういう方向へ向っていくのか、興味が湧いてきた。

ソランの戦闘シーンは良かったなぁ。
鋼の手とはいえ、握って剣を折ってしまうところとか。近衛兵隊長、素敵!

でも、トーマがどちらの生まれ変わりなのか、判らなくなってきた。(勝手に想像)
外見だけいくとソランだけど、セスの方がティナへの執着が強そうだし…。

何にしろ、次回も楽しみ。
posted by れお at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

2005年02月01日

FCですよ

ワーイ

今日は火曜日。ということでFCの日です。
先週分、ビデオ撮りしてたの観たんだけど、思いも寄らなかった展開になっててびっくり。
ナニアレ!
ティナ、兵器って…! 寝取られ王様?!
しかもお妃さま今更(?)ご懐妊中。一体ティナと何歳離れることになるんだ…!
ギリシア人は長命なのか。
しかし回想編っていうかギリシア編、今までのあっさり風味から一変して昼ドラみたいに
ドロドロしてきましたね。充分面白いけど。

そうそうセス、実は腹黒とかじゃないんだね。
婚約者として世間的に認められてた仲の子を、簡単に親友に譲るだなんて、
何か思惑があるに違いないなんて穿って観てたのに。
ティナが母親に会いに行くのに付いていく、なんて言い出した時には
どんな罠をしかけてるのかとワクワクしちゃったよ(←腹黒)

まさかティナと一緒にテンパってるだけだなんてね…。
ふつーにいいやつなの?
ほんとにそーなの…!セスー!(雄叫び)
posted by れお at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。