2005年03月01日

ローレライ 試写会

観てまいりました。
原作を中途半端に読んだ状態で臨んだ試写会です。

えーと。
映画の方、登場人物の中にフリッツが入らなかった訳がちょっと分かったような気がします。
倍の尺にしたとしても描ききれなさそう…。話が広がりすぎて。

ストーリーは、確かに泣ける部分もあったけど、全体的に人物描写が薄いなぁという印象。
それぞれの背負うものに重みが感じられなかったというか…
戦闘シーンをリアルに描くのがメインなのか、戦渦に塗れて苦悩する人達を描きたいのか。
どっちつかずな感じがして、結局誰にも感情移入ができませんでした。
それでも泣けたのって、多分音楽のせいだろうと; ←超弱い 

あー、でも香椎さんのパウラは可愛かったかな。視線が一途で、とっても健気で。
折笠@妻夫木くんがこの子を守りたいと思う気持ちは凄くわかる気がしました。
捨て猫みたいだもんね…!
しかし、アレとしてはどうなんだろう?(脆過ぎじゃ)

話題のCGについては、音響に助けられていたのか、結構迫力があったように思います。
ただ、海上に浮かんだ時の潜水艦の甲板シーン、あれもCGというか合成だったのかな?
あれはちょっとないかなぁ。ものっそ嘘っぽかったんだけど;

そんなこんなで全体的には、観るのなら映画館かな…くらいな感想です。
☆五つ満点なら☆☆☆分くらいは楽しめた。
原作読まないで観に行ったほうが純粋に楽しめるかもしれないけど。
その後原作読むと2度美味しいかもv

で、お次はイージスですよ。こっちのが本命なので楽しみ。

そうそう、エンドロールにKREVAと出ててびっくり。どこに居たの…!(気付け)
posted by れお at 21:22 | Comment(6) | TrackBack(4) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。