2005年05月14日

あさのあつこ著:透明な旅路と

--- 衝動的に殺人を犯してしまった主人公、吉行明敬。
半ば自棄になりながら雨に濡れる山道に車を走らせていた途中、幼い女の子と美しい肌をした少年の2人連れに遭遇する。2人に乞われた吉行は、母親に会うため児童施設から抜け出してきた風なその幼女を家まで送るはめになってしまう。
道中、短時間ながらも2人と行動を共にすることで、吉行は幼女には生き別れた娘にも持ち得なかった慈しむという感情を覚えて行き、少年には以前何処かで会った様な奇妙な感覚を抱くようになる。
自分の過去を知っているのではないのか?そして山で遭難死したという兄を、家族とうまく立ち回ることの出来なかった過去、現在の自分を思い返していく…。


先日読了したローレライとはうって変わって頁に収まってる文字数の少ないこと…!
頁数自体も少ないので、短時間で読了〜。
そして消化不良〜。
初めから曖昧模糊とした展開で、ラストまでそれは変わらず。
読解力の問題なのか、読み終わった後「?」が残ります。再読しても同じような気がする。
でも相変わらず情景描写が巧みで、そしてここでも岡山弁?が心地いい本です。
特にかこは愛らしい。
ただ、モロに表現されている単語が生々しくて、気恥ずかさを覚えました。
中年に差し掛かった男性が主人公なので、ごく普通に捉えればいいはずなんですけど…;
何気ない、そこはかとない色気は普段の児童書での方が数倍感じ取れるような気がします
…って、読み手側の勘違いかも知れませんね(笑)

勘違いさせてくれる作品、大好物vなのでNO.6の続刊、早く出ないかと待ち焦がれてますよ。

そうそう「透明な旅路と」というタイトルのフォントが綺麗。デザインかなぁ。
posted by れお at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。