2005年03月09日

FC「ゲルタ」

先週、ゲルタのお話よりトーマの正体早く来ないかなぁなんて思ってたけど撤回です。

べフォールの子たちに泣かされちゃったよ…!
ここ数週ですっかりヘタレ扱いだったヒースマにおもっきし同情。
ただひたすらギリシアに帰りたかった彼は、地球人としての執着もある
他のべフォールの子たちに比べて自分に我慢を強いて生きてたんだなぁと。
あのヘタレっぷりから察するに、もの凄い自己犠牲だったんじゃないかと。

「もう、ボクとして目覚めることはないのか…」
転生の記憶と体験を持つ彼には、それは恐ろしくて辛い最期。とてもかなしい言葉でした。

メルとしての記憶が戻ったゲルタ。
裏切られたといってもいい位の仕打ちを受けたのに、
ルーゲンに会いに行ったメルがいじらしくて可愛くて、切なくなったよ…。
泣き伏せるゲルタを見つめるソレトの優しい視線が印象的だった。この子達、いいよね。


ほんと後半のFCは話が重くて、見る時結構覚悟が要ります(笑)

DVD、買っちゃおうかな…。
FCは2話からずっと欠かさず見てますが、1話はやっぱり重要っぽいですよねぇ。

ってCM、ゲームですか!追加エピソードとか入ってるのかなぁ…気になる。
でもGBA持ってない…痛。 
これも買うべきなんですか…!
posted by れお at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。