2005年06月09日

LOVELESS・バジリスク・アクエリオン

バットマンビギンズのフレーズ、「恐怖に打ち勝つには、お前自身が恐怖になれ」。を聴くとフリッツを思い浮かべてしまう今日この頃です。

LOVELESS #9 SKINLESS

江夜とヤマトのユリ描写が半端ない感じ。アワワ
ここらへんはあまり恋愛を感じさせない原作の方が好きかも。殆ど原作通りなのに何だろ…違いがよく判らない
今回は草灯も変態限界点を超えてたし、アニメはもうちょっとライトな感じでもいいんじゃないかなぁ。声付き草灯なんて存在自体がエロいんだから行為なんて省いても全然オッケー(なにが)
それにしても立夏はもうちょっと拒もうね。そんなことじゃすぐや(ry

そうそう、江夜の声が釘宮さんてちょっとワカリマセンでした。とってもキャワユイですv


バジリスク #9 哀絶霖雨

弦之介さまの瞳術、とうとうキターーーーーーーー!!

……って、期待した程の迫力じゃなかったかな…orz
やっぱ瞳術って心理的に作用するものだし、アクションが少ないから動画にするとさっぱり地味になっちゃうんだなぁ;
敵方天膳もやたら慎重で動かないし。もっとこう、数でいいから畳み掛けようよ…!
でもあの瞳はやっぱり好きですv
不戦の約定が解かれ、仲間の死を知った弦之介さまが朧を全く視界に入れなくなったのは、哀しいのですがさすがは頭領、一族を率いていくに相応しい決断です。
その瞳力と相まって、どこまでもついていきます…!と身を捧げたくなるような威厳を感じましたよ。

よくよく考えたら、ただ前頭領の孫だったというだけで随分優遇されてる朧ですが、背徳行為も甚だしいですよね。何と言うか鍔隠れの衆は忍耐強いというか、掟に従順というか…(ただ朧に弱いだけ?)
その朧、眼を(七日間だけですが)潰してしまえる勇気があるのなら、
伊賀を抜けてでも想いを遂げようとしても不思議じゃないんだけど。
でも伊賀も捨てられない、そんなところがまた健気で可愛いのよね…。

このアニメ、1クールで終わりだと勘違いしてて、もうすぐラストだしものっそい端折るんだろうかと勝手に心配してたんですけど全24話2クールなんですね(DVD2話ずつ収録、全12巻だそうで)
まだ折り返しにも来てないんだ、良かったーv

アクエリオン #10 空に星、地に花

トーマとシリウスって何か関連があるのかなぁ。そういやEDのイラスト、シリウスの背中にめちゃちっさいけど羽あるよね。堕天翅族の誰かの生まれ変わりとか?
(羽なしって呼び方は虫っぽい;そういう意味でも蔑称か)

シルヴィアが倒れてても悲壮感がないのは何故だろう。内臓損傷って結構な重傷なのに;頑丈そうだからな
にしても正直シリウス&アポロ&シルヴィアの衝突はアキタ…。
この子たち、アホの子にも程があるよー。一体今迄何を学んでたんだか…
お兄様よりまずアポロの心配をしてしまった風なシルヴィアに、変化の兆しあり描写も唐突な感じがするし。
来週は麗花さんの不幸ネタ? …また?ちょっと先にススモウヨ

何か取り分けて書くことがなくなってきた。


posted by れお at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ・コミック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


創聖のアクエリオン#10「空に星、地に花」感想
Excerpt: 最近、不思議な夢を見た全国のアクエリオンファンの皆様!早速感想に入ります。
Weblog: CODY スピリッツ!
Tracked: 2005-06-10 01:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。